防犯設備工事

■防犯灯・センサーライト
■インターフォン
■防犯カメラ

上記のような防犯設備工事を行います。
手軽に防犯対策をしたい方は、人通りが少ない裏口付近に、ガレージなどの暗くなりがちな場所にセンサーライトを設置しましょう。
それだけで防犯効果は大きく高まります。
また、訪問者の顔が見えるモニター付きインターフォンも大人気。物騒な事件も多いため、一人暮らしの方や日中家に一人になる方には特にオススメです。広角レンズやLEDライトを搭載したものを利用すれば訪問者を確認しやすく、録画機能付きのものなら、不在時も後から来訪者を知ることができます。
不審者情報やいたずらなどが頻発している現代においては、防犯カメラを導入される方も珍しくありません。しっかりと防犯対策を行いたい方は防犯カメラを取り付けるとより安全性が高まるでしょう。

防犯カメラの採用ポイント

“防犯対策はしたいけど、費用はできるだけ抑えたい”というのが皆様の本音。
そんな方向けに、最低限抑えておくべきポイントをご紹介いたします。

カラー防犯カメラ
万が一犯罪が起こった場合でも、カラー防犯カメラであれば着ている服や乗っている車の色など犯人の特徴が掴みやすくなります。
防犯対策としてだけでなく、万が一の犯罪が起こった際の状況も考えてカラー防犯カメラを採用しましょう。

屋外に設置する場合は機能面に注意
屋外に設置する際は、夜間などの時間帯や気候にも適応している防犯カメラを選びましょう。
暗視機能付きや高感度タイプの防犯カメラを選ぶと間違いないでしょう。しっかりと録画したい人には赤外線照射タイプがオススメです。
また、破壊される恐れもあるため、破壊防止のハウジングケースを採用してみても良いでしょう。

防犯ステッカーの使用
防犯カメラを設置するだけでも犯罪発生率をかなり抑えることができますが、より一層効果を高めたい人には、防犯ステッカーがオススメ。
二重威嚇をすることで犯罪抑制の効果を高めます。ただしデザイン性を損なう恐れがあるため、人気の少ない場所や暗い場所のみに採用すると問題ないでしょう。

一覧ページに戻る